2002年3月16日

賢くつきあう薬講座3 あなたの薬だいじょうぶ?調剤薬局の業務から

薬局アポック顧問
日本医科大学付属千葉北総病院薬剤科
浜田 康次 先生




大病院の最新システム〜千葉北総病院の場合〜

ドクターヘリ
千葉北総病院は救急医療を主な目的としているため、医師が乗って 治療をするドクターヘリがあります。東京で大震災が起こった場合や成田空港での災害が起きた時などに出動します。東京の 立川〜千葉北総病院までは、電車であれば3時間かかりますが、ヘリでは約15分で着きます。
ホスピタルストリート
600床あるベッドはほぼ満床なために、大災害が起きた場合はベッドが足りなくなります。そのために簡易ベッドがおけ、必要な設備が天井から降りてくるホスピタルストリートが 作られています。幅6m、長さが130mあり、上下2層に走っています。全部で300の簡易ベッドをおくことができます。
シングルピッカー
病院のカルテ庫です。再診の患者さんが再診受付機にカードを差し込むと、ここからロボットがカルテを引き出し、 医師のところへ自動的に送るシステムになっています。3〜4万人分程度のカルテが入っています。
自走台車
各医局、診療科、薬局を、天井を這って移動していきます。目的の場所を押して、確認ボタンを押すと自動的に 走っていきます。シングルピッカーで取り出されたカルテも自走台車で運ばれます。
ヘリカルMRI
レントゲンでは平面的にしか写せなかった体内の情報が、ヘリカルMRIでは立体的に見ることができます。 レントゲンが高速回転しながららせん状に進んでいき、コンピュータ解析によって3次元の映像となります。 脳卒中などで倒れた場合に、今までは見にくかった部分の様子まで見ることができるようになり、救命率が上がっています。

薬剤科〜千葉北総病院の場合〜

オーダリングシステム処方は全てコンピュータに医師が入力し管理します
医薬品管理室注射薬、麻薬、血液などの医薬品を注文したり、病院に納品したりする部署です
医薬品情報室医薬品は、いろいろな形状のものを入れると約2万種類あります。 採用薬品の情報を管理します。
製剤室製薬会社で販売していない医薬品(消毒薬、軟膏、特殊な坐薬、心停止液など)を作ります。
クリーンルーム無菌状態の部屋です。高カロリー輸液(※)などを調製します。

(※)高カロリー輸液 濃度の高いブドウ糖液を鎖骨の下にある太い血管から入れる治療法。口から食事をとることができなくなった場合にも 十分な栄養を採れるようになりました。
(末梢=手の血管から注射を行う場合は、高濃度のブドウ糖液を入れると血管が だめになってしまいます)

オーダリングシステム(調剤支援システム)

@ホストコンピュータ全データを集中管理します
Aサーバー(入口)処方を監査します。相互作用のチェックなどを行います
B錠剤分包機1包の中に、処方された薬を朝・昼・夕の分という具合に自動的に入れていきます。
C散剤分包機金属のトレイに機械をセットすると患者さんの情報が読み取られ、 自動的に分包された薬が出てきます。

賢い患者さんになるためには 3つの法則
@インフォームド・コンセント医師の側から言えば「十分に説明して同意を得ること」
患者さん側から言えば「十分に理解して、自分で選択すること」
人種差別、性差別、年齢による差別をなくそう、という運動に続いて知識差別をなくそうというジョン・F・ケネディの理念によって できたものです。医療に関する知識の差(医師と患者)をなくすためには、よく説明をして同意を得ること。患者さんは 理解して、この先生でいいのか、手術は受けるのか受けないのかを自分で判断しよう、ということです。
Aトゥルース・テリング患者さんにできるだけ真実を話すこと。
今までは「ガンではないが、ちょっと 性質の悪い腫瘍です」などと言っていたものを「これはガンです。ただし薬をこれだけ使えば80%の人は治ります。 だから一緒に頑張りましょう」という風に話すということ。
Bセルフ・デタミネーション@とダブってきますが自分で決定をすること。
自分のことは自分で決める。病院も先生も治療方法も、最終的には自分で判断をして決めるということです。

医薬分業は世界の流れ

現在、アメリカでは交通事故やエイズによる死亡数よりも、医療過誤での死亡数が上回っているというデータがあります。
日本ではそのような研究がなされていませんが、アメリカのデータを日本に当てはめると、やはり多いのではないかと考えられています。
このことから医薬分業が行われ始めました。
そもそものはじまりは、西暦1200年のローマ時代です。当時多かった毒殺を避けるために、フリードリッヒU世は医師と薬剤師を 分け、共同経営も禁じました。
医師は処方せんを発行し、調剤薬局はそれを調剤します。それによって利害関係がなく、二重にチェックするシステムが出来上がります。
同じ薬の重複投与や薬の相互作用をチェックできるということがメリットです。
世界中が医薬分業になっている中で、日本と韓国など少数の国だけが完全分業になっていないのが現状です。

かかりつけ薬局を持とう

かかりつけ薬局では、いつでも薬のことを相談できます。処方せんがなくても相談に来て下さい。
薬局では患者さんの薬歴を保管しています。
今までどのような薬を飲んでいたか、また飲んでいるのか。
今まで飲んだ薬でアレルギーが出たかどうか。
食べ物でアレルギーが出たことがあるか。
それらの情報をもとに、市販薬の相談もできますし、体調がすぐれない時には病院に行った方がいいかどうか、
また寝たきりの患者さんにはご自宅までお薬を届けに行くことも可能です。
薬歴を管理することで、薬を正しく安全に、そしていちばん効果的に使っていただくことができます。
病院では外来患者さんの薬歴まで管理するのは、なかなか手が回らないというのが実情です。

お薬手帳を持とう

かかりつけ薬局に保管してある患者さんの薬歴は、ご本人であっても見ることはできません。
ですからお薬手帳を活用して下さい。
調剤薬局で処方せんといっしょに手帳を渡すと、処方された薬の内容のシールを貼ってくれます。
自分の処方された全ての情報を同じ手帳に集めることで、黙っていても、薬局で薬の重複、相互作用などのチェック
してくれます。
自分でも気になった時に正確に薬の名前を知ることができますし、旅先で医師にかかる必要が起きたときも
正確に情報を伝えられます。
市販薬を服用した時には、それも書いておくとよいでしょう。

阪神大震災の時にはカルテがなくなってしまったので、患者さんがいつも飲んでいた薬がわからなくなって
困ったそうです。
賢い患者になるひとつとして、ぜひお薬手帳は持つようにしましょう。

薬局アポックについて

日本アポックの由来 Apoch
英語のAPOTHECARY(=薬局)とEPOCH(=画期的な時代)を合成して命名しました。
すなわち「日本における薬局の画期的な時代を創る」という意味が込められています。

処方の流れ

@処方せんは医師にもらってから4日以内に持ってきて下さい!(4日を過ぎると使用できなくなります)

A受付で処方せんをコンピュータ入力 (相互作用、処方の量、お薬手帳の有無などをチェック)

Bラベルが打ち出される。薬袋に貼る。(薬の量、用法によって袋の色や大きさを変えます)

C調剤します

D最終的に、調剤した薬剤師とは別の薬剤師がチェックをして患者さんにお渡しします。

アポックの裏側

○処方せんを見て気になることがあった場合には、医師に問い合わせの電話を入れたり、本や雑誌、コンピュータで調べたりします。
○薬は日々進歩しているので、薬剤師も毎日勉強しなければなりません。各種の雑誌などを見て、常に勉強しています。

調剤薬局のいいところ

一般薬がおかれています。風邪薬からオブラートまで、全部で2〜300種類になります。
  これらを買うことも、また飲み合わせをチェックしてもらうこともできます。
血圧計がおいてあります。病院で測る時間と同じ時間帯に、同じ姿勢で血圧を測ってまとめておけば、
  より正確な診断にもつながります。
個別に薬の相談ができます。相談には料金はかかりません。遠慮せずにどんどん聞いて下さい。

ゲット・ジ・アンサー運動実施中!
1.「この薬は何ですか?」に答えよう。
1.「この薬を飲んで注意しなければならないことはありますか?」に答えよう。
1.「どんな副作用がありますか?」に答えよう。

 お薬に使用期限はありますか? 
昨年処方された風邪薬は飲んでもいいのでしょうか?

 厳密にいえば薬の使用期限は、薬が患者さんに渡った時から処方されている 期限となっています。14日分の処方であれば14日間です。
点眼薬などは封を開けてしまうことでバイキンが繁殖する可能性がありますので、 封を開けてから1ヶ月間。市販の点眼薬は3ヶ月と覚えておきましょう。
去年の風邪と今年の風邪は症状が異なってきますので、飲んでもいいとは言えません。また、小さいお子さんは月齢によって薬の量が 変わってきますので、その度に正しい処方をしてもらいましょう。











 調剤薬局に守備範囲はありますか? 

 処方せんはどこの調剤薬局で出してもかまいません。
調剤薬局側から言えば、近辺の病院、クリニックで扱っている医薬品は全ておいています。診察を受けた医院と かかりつけの調剤薬局が遠い場合は、もしかするとお薬をおいていない場合もあります。しかし一度お問合せいただければ次回から 取り寄せておきますし、無かった場合の取り寄せも可能です。かかりつけ薬局に相談してみて下さい。









 飲み薬を5種類ほどもらっています。飲む順番はありますか? 

 お腹の中で一緒になる飲み薬に関しては、飲む順番を 気にする必要はありません。きちんと医師や薬剤師が相互作用をチェックしているものであれば、一緒に飲んでも大丈夫です。
目薬を2種類以上さす場合には注意が必要になります。まずひとつめを点眼します。点眼は1滴で十分です。1滴は50μLあり、 目に入れることができる量は30μLです。1滴さして、しばらく目を閉じていてください。瞬きをすると全てとんでしまうので 気をつけましょう。2種類目をさすのは、5分くらい待ってからにしてください。